トップページ > 氏名・住所・電話など

氏名・住所・電話等

氏名住所電話などの基本情報は、履歴書の冒頭部分であり、採用者が最初にチェックする箇所です。とくに悩まず書ける箇所ですが、書類の第一印象につながるので、気を抜かず正確に、丁寧に書くことが大切です。

~氏名~

氏名は戸籍に登録されている正確な字を書きます。たとえば普段は「渡辺」を使っていても、戸籍上は「渡邊」なら「渡邊」と記入します。既婚女性などで旧姓を使っている人は本名を書きます。字は大きすぎず、小さすぎず、枠内にバランスよく収まるように書きます。ふりがなは「ふりがな」となっている場合はひらがなで、「フリガナ」となっている場合はカタカナで書きます。

~住所~

住所は都道府県から書き、番地は「○丁目○番地○号」と記入します。「○-○-○」という略した書き方は止めたほうが無難です。また、マンション、アパート名は部屋番号まで正確に書きます。

~電話&メール~

電話番号は自宅と携帯電話の両方を記入します。携帯電話しかない場合は携帯電話だけを記入します。実家を連絡先としていた場合は、企業からの電話を家族に伝えておくこと。また、パソコンのメールアドレスは忘れずに記入します。最近は応募者との連絡をメールでする企業が増えてきています。転職活動の際は、フリーメールでもよいのでメールアドレスを取得しましょう。携帯電話のメールはビジネスシーンに適さないので、避けたほうが無難です。