トップページ > 転職履歴書・職歴の書き方

職歴の書き方

中途採用を行う企業は即戦力となる人材を求めています。そのため職歴欄は採用担当者がもっとも注目する部分です。逆にいえば、応募者にとっては大きなアピールポイント。たとえ社会人経験が乏しくても、これまでどんな会社で働き、どんな仕事をし、何を身につけ、どのような姿勢で仕事に取り組んできたのかを記入します。読み手が具体的にイメージできるように書くとアピール度は高まります。

基本的な職歴の書き方

  • 株式会社を(株)、有限会社を(有)などと略さないよう正確に書く
  • 会社名だけで事業内容が分からない場合は、カッコ書きで簡単な説明を加える
  • 転職回数が多くても、正社員として勤務した場合は全て記入する
  • 職務経歴書をつけない場合は、できるだけ詳細に記入する

リストラや中途退職の場合

  • 会社都合により退職
  • 一身上の都合により退職

細かい理由は面接で聞かれるので、履歴書に書く必要はありません。履歴書の職歴はポイントを押さえて書きます。最近の傾向は、中途採用の場合、「職歴は職務経歴書で詳しく書く」という考え方になってきています。